教室のご案内

目的に応じたカリキュラムにより 個々のペースで楽しみながら本格的な技術を身につけてゆくことができる教室です。

野の花・野草アート協会では 現在、東京・神奈川で樹脂粘土教室を開講しています。通っていただいている生徒さんは、年齢、性別、職業もさまざまで、遠方から足を運んでくださる方もいらっしゃいます。それぞれ違う環境で活躍する生徒さん達ですが友だちとおしゃべりするようなリラックスした雰囲気で楽しく学んでいます。

作業風景画像1:南天

樹脂粘土による手芸は数多くありますが、当協会ではより本物に近い「自然の姿」を追求しています。野の草花が息づく自然に思いを馳せ、実物をよく観察し、たとえば葉っぱの枯れや虫食いでさえもありのままに捉え、表現することで独特の魅力を生み出しています。
昨今、素材である粘土の進化により、植物の葉や花びらの繊細さを、より緻密に表現できるようになっています。ぜひ一度作品をご覧になり、樹脂粘土に触れてみてください。きっと新たな発見と感動に出会えます。

作業風景画像2:南天