Teacher

認定講師

代表認定講師

  • 榛澤一江
    芝教室瀬谷教室

    代表認定講師榛澤一江

    子育てから少し手が離れたのをきっかけに、30年以上にわたりアートフラワーの世界に携わる。盆栽アートや実物アートなど、多岐にわたり技術を取得。薔薇やカサブランカなどの豪華な花も多数制作してきたが、NHKの講師経験や数々の作品の制作、展示を通して樹脂粘土アートにたどり着く。地域における教室の開催や野の花・野草アート代表認定講師として多方面にて活躍中。

認定講師

  • 藤井浩子
    富山教室

    2級認定講師藤井浩子

    幼い頃から野花に親しみ 学生時代に粘土細工と出会い、パンフラワー講師として活動を始める。
    現在も富山にて「粘土で作る たまらなく愛おしい野の花教室」を開講。
    協会の提携校として野の花・野草アートを教えている。

  • 鈴木貴子

    2級認定講師鈴木貴子

    幼少期より手芸・工作が好きで、99年に日本手芸普及協会パッチワークキルト講師になる。ご主人の赴任に伴い南アフリカに駐在した時も、キルト制作を通して現地の人と仲良くなった。14年にハワイアンカフェ『Quilt and cafe Leilani』をオープン。ハワイアンキルトのワークショップを定期的に開催している。植物好きが高じて、野草アートの創作をスタート。手芸を通して人と交流することが何より好き。

  • 柳下真紀

    2級認定講師柳下真紀

    レース編み・洋裁が趣味の母の影響で小さい頃からものづくりを身近に感じていた。10年前に子育ての息抜きとしてミニチュアクレイアートを始める。粘土で何がつくりたいのか探求していた時に協会を知り、緑に囲まれて遊んだ幸せな子供時代を思い出し「まさしくこれだ!」と入会。子育てとダブルワークを両立させながら、熱海から東京まで往復4時間以上かけて通学し、2級認定講師資格を取得。将来は熱海に教室を持ちたいと考えている。

  • 山新田敬子

    2級認定講師山新田敬子

    4歳から始めた書道を続け、20歳の時に書道教室を開く。同時に、生け花、フラワーアレンジメント、デコパージュ、パッチワークなど数多くのホビーを学ぶ。友人が持ってきたミニチュアの作品に感動し、「ミニチュアクレイクラフト」を長年続けていた時、偶然、野の花アート教室を覗き、気になっていたところ新聞で銀座の展示会の事を知る。
    展示会で目にした素晴らしい作品の数々に魅了され、その後、教室に通い始める。粘土で本物のように創り出される作品の数々にいつも感動を覚え、この感動をたくさんの人に伝えていきたいと思っている。